リレンザをインフルエンザの感染予防の場合の注意点

リレンザというのは、抗インフルエンザ薬として開発された医薬品で、通常のインフルエンザ治療に用いる場合には、症状が出はじめてから48時間以内に投与することで、体内でのウイルスの増殖をおさえて、症状を早期に改善させる効果を発揮します。
この場合の注意点としては、かならず48時間以内というのが強調されていますが、これは48時間以上を経過してしまうと、すでにウイルスが増殖しきって体内に拡散した状態ですので、感染した細胞にウイルスを閉じ込めてしまうというはたらきをもつリレンザの特性が生かされなくなってしまうというものです。
また、治療目的でリレンザを用いるのであれば、1日2回、1回あたり有効成分の量にして10ミリグラムを投与するというのが、標準的な用量となっていて、これを5日間にわたって続けることになります。
このリレンザは、実はインフルエンザウイルスへの感染予防にも使うことができます。ただし、注意点として、家庭内にすでにインフルエンザにかかっている人がいる場合であって、老人や子供など、インフルエンザウイルスの感染予防をしなければ重大な健康被害が予想される場合に限って処方されることになっています。医薬品には副作用などのリスクもあることから、リスクよりも医薬品を使うメリットが上回る場合に投与するというのが原則的な考え方であり、感染予防目的だからといって誰でも医師からの処方が受けられるというわけではないのです。
また、感染予防に用いる場合の2つ目の注意点としては、治療目的の場合とは用量が異なってくるということが挙げられます。感染予防目的の場合、1回10グラムというのは治療目的の場合と同様ですが、1日あたりにして1回、10日間にわたって継続投与するというのが基本となります。