リレンザの効果持続時間

リレンザはインフルエンザの予防薬としての他、治療薬としても処方される薬ですインフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜につくことで増殖し、目からも感染することがあります。
増殖スピードははやいため、感染すると高熱が出たり、筋肉痛や頭痛が起きたりします。
インフルエンザの潜伏期間は平均3日とされていますが、早いと1日、遅い場合は5日程度で症状が出てきます。
いきなり高熱が出るため一般の風邪と見分けがつきますが、症状は風邪より重く、重症化することが多いので注意が必要な病気となっています。
インフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜により増殖していきます。
リレンザやタミフルなどの薬はウイルスの増殖を抑える働きがありますが、ウイルスそのものを死滅させることはできません。
ですが、増殖を抑えるので症状は軽くなり、他の人へウイルスをまき散らすこともありません。
リレンザの効果持続時間はきちんと吸入した場合は5日間です。
症状自体は3日目から軽くなり、体も動きますし、食欲も出てきます。
この時期に勝手にリレンザの使用をやめてしまうと薬によって抑えられていたウイルスが再び増殖するため、高熱が出たり、倦怠感、筋肉痛になったりすることがあります。
医師の指示通りに薬を使うということがインフルエンザを流行させないためにも大事なこととなってきます。
リレンザを予防薬として使用する場合、いくつかのきまりがあります。
もともと重大な疾患がある方で家族にインフルエンザに罹った人がいる場合など特定された人のみに使用が許されています。
この場合のリレンザの効果持続時間は吸入している期間のみですので、吸入をやめてしまうと予防薬としての効果は低くなります。