インフルエンザでの入院金額を考えたらリレンザは安い

高齢者や乳幼児、妊婦などは抵抗力が弱いので、インフルエンザに感染すると重症化して、しばらく入院治療を受けないと、回復できない場合があります。
入院すると、部屋にもよりますが、かなりの金額が必要になるので、ただでさえお金がたくさん必要になる年末年始だと、支払いに苦労するかも知れませんね。
入院保険が下りる場合はよいですが、それでもすぐにお金が手に入るわけではないので、そんな出費はしたくないと思うなら、普段からインフルエンザにかからないよう、予防に気を付けることが大切です。
マスクを付けて外出するだけでも、飛沫感染をかなりの割合で防ぐことが出来ますし、手袋をつけていれば接触感染しなくて済むので、インフルエンザが爆発的に流行しているような時期は特に注意するようにしましょう。
室内でも空気清浄機を使い、常にクリーンな空気に接するようにしたいですが、それ以外にもリレンザのような薬を手元に置いておくことをおすすめします。
リレンザは病院で処方してもらえる薬ですが、個人輸入代行通販で注文すれば、一箱6000円ほどの金額で入手することが出来ます。
これを家族全員分購入しようと思うと、かなりの金額になりますが、個人輸入代行通販のほとんどがまとめ買いで割引となるので、実際に支払うお金は少なくて済みます。
三箱以上買うと、非常にお得に感じることが多いので、これからリレンザを購入するつもりなら、まずは複数のサイトの価格比較を行うことから始めましょう。
サイトによって価格や割引率、送料なども違うので、節約したい方は面倒でも比較してから、どこに注文するかを決めるようにしたいですね。
インフルエンザで入院したときの金額を考えたら、リレンザは安く手に入るので、いざというときのために備えておくようにしましょう。